105円課金のブレーキ

カヤックって注目されるだけあって、やはりいい感じでいいもの作ってる。
寝言アプリはとってみたいね。letitsleep。

実は『とってみたいね』って思っただけで、まだダウンロードはしていない。
大した値段ではないけれども、この値段がブレーキになった。
このブレーキがどういう時に外れるのかしっかりわかっていると、アプリビジネスで儲けられるんだろうな。

それがわかってないと無料で最大瞬間風速的にアプリがダウンロードされて、それで終わり。
アプリ内課金の仕組みを整えたころには、みんなどこかへ行ってしまう。

アップルのアプリ内課金が始まったことで、
日本においての課金のプラットフォームはキャリアからOSに移行しつつある。

モバイルからではなく、やはりwindowsやmacからの方が我々は学ぶことが多そうだ。
でも、おそらく彼ら(Apple)は我々(CP)に学ぶことが多いだろう。

どちらが早くキャッチアップできるか、今が勝負時だ。
エンジニアは英語で仕様書をくらいついて必死で読め!(もちろん自分に言い聞かす。)