就活のための就活で何が悪い?

就職活動は内定がゴールではない。

っとはよく言うものの、これは間違っているのではないかと思う。
正直、就活は内定がもらえなければ意味が無い。
徹底的に自己分析して、徹底的に業界研究してしまうと、どんどん企業の選り好みをしてしまう。

それだったら、内定をもらうために就活したほうがいいんじゃないかと思う。
内定をもらうためのコツはいくらでもある。
超難関企業ではそれも難しくなるかもしれないが、テクニックに終始するのも悪くない気がする。

自己分析はやりすぎると、本当に自分のやりたいことをやってしまう。
でも、それって難しいことだと思います。

だいたい就活支援してる人って、自分が本当にやりたいことを見つけろっていうけど、、
そんなこと見つかるわけないと思う。

だって、たかが就職ですもの。生き方のひとつに過ぎません。
大学生ばかりと付き合ってると狭い思考に陥るので、田舎のヤンキーとか社会人とかもコミュニケーションとることですね。

うん。

なんか、今日すごい感じたことなので、書いておきます。