やっぱりこの記事に反応しないわけにはいかなかった。

昨日ツイッターでも話題になったこの 記事にはぼこぼこに打ちのめされた。

僕はまだThe Slarymanにもなれずにいる。
まだ僕は人や自分、はたま時間やお金、その他のものとのコミュニケーションを自分の中で探求する段階にいる。

本当ならば、今の自分に不甲斐なく感じ、徹夜でプログラムを書くなり、
ネットワークを構築するなり、ビジネスプランを書くなり、、

なんでもやることがあるはずなのに、ライフログに入るかすらもわからないアウトプットを垂れ流す。

でも、そんな少しネガティブな自分も受け取ることができていることが成長なんだよ。
俺にとっては。弊社の株価くらいは言えるはずだけど、他社の社員さんを十分に喜ばせる話ができるだろうか。

不安いっぱいになりがなら、Google ReaderとTweet Deckを垂れ流している。
違うだろ、お前プログラムを書くべきだろ?と思いながら。