社会人生活5年目突入 ーエモーショナルなエンジニアを目指す

社会人生活5年目に突入しました。

まさか僕がエンジニアをやっているとは、5年前からすると考えられない事態です。

昨日、目標は立てました。

非常にシンプルな目標になりました。

これは良い兆候のように思えます。

社会人生活5年目は、エンジニアとして エモーショナル になることがテーマです。

KPIを意識して喜んだり、悔しがったり。

スケジュール通りに進めてよろこんだり、遅延して悔しがったり。

リリースして喜んで、バグ出して悔しかったり。

もちろん、KPI未達もスケジュール遅延もバグも、褒められたことではありません。

しかしながら、論理的思考によるKPTを確認しても、仕事は楽しくならないんです。

目の前のことに夢中で取り組んで、一喜一憂してききます。

去年塞いでたのは夢中さの欠如。

感情を目の前のことに、本気で投入する。

僕は作るだけや書くだけで満足できるタイプではないので、そういう勝ち負けをサービスレベルから実装レベルで意識していきたいなと思います。