各チームの4番の年齢まとめてみた

ベイスターズ強いですね。素晴らしい。

というわけで、各チームの4番を調べてみました。

【セ・リーグ】  
横浜 筒香(1991年11月26日 (23歳))  
読売 太田(1990年6月9日 (24歳))  
中日 ルナ(1980年2月1日 (35歳))  
ヤクルト 畠山(1982年9月13日 (32歳))  
広島 ロサリオ(1989年3月29日 (26歳))  
阪神 ゴメス(1984年9月7日 (30歳))  
【パ・リーグ】  
日ハム 中田(1989年4月22日 (26歳))  
西武 中村(1983年8月15日 (31歳))  
ソフトバンク 内川(1982年8月4日 (32歳))  
ロッテ デスバイネ(1986年6月17日 (28歳))  
楽天 松井稼(1975年10月23日 (39歳))  
オリックス T-岡田(1988年2月9日 (27歳))  

※ 4番が複数いるときは僕の好みで選んでます。

両リーグ断トツで、筒香が最年少ですね。
しかも、キャプテン。横浜は完全復活しそうですね。

読売に関しては坂本1988年12月14日 (26歳)よりは、大田の方が4番っぽいのでいいと思います。個人的には好きです。
こう見ると読売も若返りに成功しているのがわかりますね。
そしてしっかりと、ベテラン陣でバックアップできるように戦力補強。。
いやぁ憎いですね。笑

中日は同い年だし、平田(1988年3月23日 (27歳))が4番に定着して欲しいかなぁ。

ゴメスは意外と若かったの知りませんでした。
読売と違って若手の層がやはり薄いのでしょうかねぇ。
いやぁ、タイガースは最下位ですが、昨年後半のような巻き返しに期待したいです。


4番サード―青山剛昌短編集 (My First Big)