wordpressの移管はwp-cliで楽勝!!

wordpressってエンジニアな人たちからすると、

みたいなイメージの方が多いかと思います。(少しネガティブな点を書きすぎましたww)
僕もそうでした(いや今もそうか)

最近はその辺の違いを克服するためのノウハウがかなり出てきているようですね。
残念なのはやはり日本語での情報が少ないことでしょうか。
海外のプラグインは使えるものがかなりの数でてきています。

wp-cliが便利

今日はそのうちの1つwp-cliを紹介したいと思います。
http://wp-cli.org

便利と思えるのはエンジニアな人

cygwinやOSXなど*nix的なコマンドが使える環境が必要ですので、対象者としてはエンジニア的スキルが少なからず必要です。
少なくともコマンドを叩ける人が対象となっています。

ちょっとロリポでwordpressのブログ書いてみたくらいの人にはtoo muchなプラグインかもしれません。

wp-cliでできること

wp-cliでできることを少し紹介したいと思います。

ドメイン移管時にデータベースの中にあるURLを変更できる

私も何度か経験がありますが、wordpressのドメイン移管はこれまで何かと面倒です。
ドメイン移管ってそれほど発生するものじゃないように思えますが、ビジネスでwordpressをやっていると、
CMSでガンガンコンテンツを作るのは自分ではなく、プロデューサやアルバイトのかわいい女の子だったりします。

ステージングができた時点で、デザイナさんはテーマファイルを載せてくれるので、
ステージング環境でガンガンコンテンツを作ってしまうことがありますよね。

結構作りこんでしまうと、本番でやり直してくれとも言えず、
いいよデータベース移行するからみたいなことってありそうじゃないですかね?あります。

で、いよいよ移管するってなったら、せっかく作ってもらったコンテンツが反映されてなくて、
アルバイトの女の子に「あのエンジニア、まじいけてない」って思われてしまいます。

そんな時に使えるのがwp-cliのsearch-replaceコマンドです。

wp search-replace stg.com real.com
これで、「今後はコンテンツの編集は本番でやってよね。本番だから一回ステージングでテストしてからやるといいよ」
なんてアルバイトの女の子に言ってあげると、「あのエンジニアの人クールだわ」と思われます(思われません

その他にも、phpunitが使えたり、pluginのインストールできたりと、
なかなか色々と便利なので、自分はこれからも使ってみたいと思います。

ちなみにpluginをどういう風に開発するかを考えるのに、下記の本は非常に参考にさせていただきました。


サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

起業する手段

起業する手段を考えてみました。

自己資金での起業

それまでサラリーマンをしているのであれば、数千万円レベルまでなら、貯金ができるかもしれません。
貯金を集めて、一挙に叩いて最初のマネタイズまで乗り切るという方法になります。

資金調達をして起業

VCや銀行から資金調達をするのも手段の一つです。
自分のお金は一切かけずにできるのがメリットです。
最初に資金調達をするということは、有る程度資金提供者側が納得するようなビジネスプランを立てないといけません。

資金ゼロからの起業

特に貯金もはたかずに、マネタイズができることをら見込んで起業する手段です。

で、どうすんのお前

とりあえず全部順番にやってみたいので、いろいろやってみます。

php-nabeをmacでやるときにはまったこと

php-nabeがphpをインストールするときにautoconfが必要で、
autoconfはphp-nabeが自分のsrcというディレクトリの中に作ろうとします。
要はsrcから自分で入れるわけです。

エラーメッセージはこんな感じ($HOMEはmacのホームディレクトリに読み替えてください)

checking for grep that handles long lines and -e… configure: error: no acceptable grep could be found in $HOME/.php-nabe/php-nabe/bin:$HOME/.php-nabe/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/xpg4/binfailed to configure

autoconfをconfigureするときに、grepがエラーになってました。
エラーメッセージだけ見ると、autoconfのコンパイルのときにgrepを見つけられないと言われるのですが、そんなことないやろうーとハマりました。
BSD系のgrepとGNU系のgrepが違うのですのね。

以前、zshでgrepのoptionではまったことがあったので、それかなぁと思いながら、いろいろbashでやってみたりしてましたが、上手くいかず。

結局問題はgrep自身にありました。

grepの方はhomebrewでtapして、gnu grepをインストールしました。

$ brew tap homebrew/dupes$ brew install homebrew/dupes/grep

gnu grepの方はggrepというコマンドになるみたいです。

grepに関してはBSDよりもGNUの方がパフォーマンスがいいとか、悪いかと。。

php-nabeはphpを使わずに全てをこなせるので、気持ちがいいですねー。
最近はvagrantでがっつり開発するので、phpのバージョンを小さく動かすこともなくなってきてるかもしれません。

でも個人的に手元でいろいろなバージョンで動かせるのっていいなぁと思ってるんですよね。そして、BSDとGNUの小さな違いが以外と勉強になるから、いじいじ中。
昔はとりあえず突っ込んどけって感じだったhomebrewもかなり綺麗になってきましたよーという話。

仮想系って富豪プログラミングの最たる例なので、地道にいろいろやっていこうと最近思ってたりします。以外な発見があるかもしれませんからね。

東京と大阪で感じる差、ネットとリアルで感じる差

僕は根っからの関西人で、「東京になんか負けるか」という思いが強かった。
大学生になって学生団体で活動していると、関東の学生団体との資金力の格差を目の当たりした。

大学は京都の方が楽しいなんて思っていたけれど、それは京都という狭い世界の中で感じていたこと。
東京の学生の方が世の中にインパクトを与えているし、東京の学生が動かす人の方が規模が大きかった。

たくさんの人を動員するとか、たくさんのお金を動かすとか、そういうことで東京には勝てないと感じていた。

ちょうどtwitterが流行りだした頃で、東京の学生団体の情報もたくさん入ってくるようになってきていた。
まだ黎明期のtwitterを頻繁に利用している学生が、東京と大阪で全然数が違うことに気づいた。

就職して世の中が、ガラケーからスマホに移行しだした2010年。
山手線にのってiPhone使っている人が多いなぁなんて思いだしたころ、地元の阪急電車にのってもiPhoneを使っている人はまだまだ少なかった。

所謂ネット上での議論とリアルでの議論は結構かけ離れている場所にある。
2chやtwitterで議論されている話をリアルでしても、全く咬み合わないことも多い。

それと同じくらい大阪と東京には違いがある。
それを格差と呼ぶのかはわからない。

いつ行っても並んでて入る気すら失せてしまう俺のフレンチ、俺のイタリアン。
「俺フレ」なんて僕は言ったりするのですが、そんな言葉大阪では通用しない。

その上、大阪では並ぶほどは流行っていないらしい。
もともと大阪人は並ぶのは好きじゃないが、原因はおそらくそれだけじゃなさそう。
座ってある程度美味しいい店にだって、あの値段で入れるのが大阪。

学生時代マクドナルドが値上げした。(といってもメニューの端に100円マックを退けて、セットメニューを売りだしただけだが。。)
その時はマクドナルドは少し高い昼飯の感覚だった。
就職して東京にきたら、マクドナルドは常に最安値の選択肢だった。

たまに大阪に帰ることで、忘れられていたこの感覚を取戻す。
そして、また少しだけhungryさを思い出す。

今日は阪神が巨人に負けませんように。今日はガンバがレッズに負けませんように。

人が足りないのは東京だけか??

労働市場では人不足が叫ばれています。確かに身の回りを振り返ってみても、どこの会社も人足りないと言ってます。

じゃぁ、人余りの場所はあるのか?

東京の医者は余っている

そんなことを、まだ悠長に医学生をやっている後輩が言っていたので、いろいろと後輩にききつつ調べてみた。

(まだ学生やっとんのか!早く稼げ!と思ったけど、時給4000円でバイトやってるらしい。負けてる泣きそう。もうお前には飯奢らん!そろそろ出生払いの時が来た)

地方では専ら医師不足が叫ばれてますが、東京で就職できる医師は少ないようです。需要に比べて、まだまだ供給が多いそう。

しかしながら、救急車でたらい回しに会うってよく言うし、本当にそうなのだろうかと思って聞いてみたら、以下のレスが。

@koheiSG 人口10万人当たりの病床数の全国平均が1260.4床、救急を受け入れている病院に限定すると630床。東京やと、998.9床と593床でまぁ少ないかなって感じ。東京は医者も余るくらい多いけどそれ以上に人口多すぎてハードが追い付いていない印象かな

なるほど、医者はいるけど、ハードが追い付いていないという。
そうすると、しっかりと経済原理が医療業界に働いていないことがわかる。

そもそもサービスの供給が、サービスの需要に追いついていないということ。
医療の参入障壁が異常に高いことが影響しているのだと思う。

救急指定医療機関の基準は下記の通り。

この基準を満たす医療機関を作るための投資とリターンが合わないため、医療への参入が難しくなってしまっている。
これはなんとかしないといけない問題なんだろうなぁ。