文章を書く技術(SCQA)

大学4年生の時に、元マッキンゼーのコンサルだった教授が居た。

その人の授業は、医療関係の授業だったのだけれども、内容はほとんどがロジカルシンキングの問題だった。
そこで教わった文章の書き方を忠実に実践すると、それなりの告知文が書けたので、そのメソッドをここに書き留めておきたいと思う。

1. Situation

状況を説明する
「卒業してから、10年が経ちましたね。」

同窓会の招待状の書き出しなら、このような感じだ。
状況を説明して、「あるある」「そうだね」と思わせればOKだ。

2. Complex

状況を複雑化する
「10年という月日が経ち、私たちは25歳になりました。」

状況を複雑化させて、「確かにそうだよね。」「考えてみればそうだよね。」と思わせればOK

3. Question

複雑化した状況に疑問をもたせる
「当時の担任だったの小西先生と同じ年になりました。みなさんどのようになっているのでしょう?」

複雑化した状況に一言、疑問を投げかける。答えが「気になるなぁ」と思わせればOK

4. Answer

疑問に対する回答を与える
「小西先生も招待して、同窓会を開きますので、みなさんの近況を報告しあいませんか?」

疑問が解決できそうと思える提案があれば、OK。
これがもしセールスの場合は、状況を複雑化することで、相手の不安や悩みへの解決策提示してあげればOKなはずです。

同窓会のご案内

卒業してから、10年が経ちましたね。
10年という月日が経ち、私たちは25歳になりました。
当時の担任だったの小西先生と同じ年になりました。みなさんどのようになっているのでしょう?
小西先生も招待して、同窓会を開きますので、みなさんの近況を報告しあいませんか?

こんな感じの同窓会の招待状になるだろう。 もちろん各センテンスはもう少し肉付けしても良いだろう。

社会人になってすぐのころ、イベントを開いては友達にメールを送りつけていたが、
このメソッドを知っていたお陰で、すらすらと告知の文章を書けた。

最近、そういう機会が減ったので、ここに書いて忘れないようにしておきたい。

この本に詳しく書いてあります。

久々にblurに浸った。

Blurのドキュメンタリー映画「 NO DISTANCE LEFT TO RUN 」を見た。
僕は世代的には活動休止直前をわずかに知っている世代なんだけど、一番好きなアルバムは「blur」かな。
中学生の時中古で手に入れたのか、ずっと聞いてた気がする。

デビュー前から2009年の再結成まで、しっかりと映像で綴られているので、ファンにとっては素晴らしい作品だと思いますね。

今ならhuluでもやってます。僕はhuluで見ました。

即断、即決、即行動、即成果。

自分を見つめなおすためにも、少しブログを書いておく。
転職してから、新しいことをはじめている。

AWSを仕事で使い始めた。
Gitを仕事で使い始めた。
Macを仕事で使い始めた。
Gmailを仕事で使い始めた
Skypeを仕事で使い始めた。

今まではこれらの便利ツールを使うために、どれだけ環境を変化させる必要があったか。
どれだけ労力が必要だったか。
よく考えると、すべてプライベートでしか使ったことがなかった道具を、仕事道具として使っているわけだ。
これってすごい。

なぜ、これらがそこにあるすべてのベースにはスピードが隠されている。
全ては会社の意思決定と行動のスピードが基礎になっている。

自分がコードを書くペースが遅いことは知ってはいたけれど、ここまで鮮明になることはなかったし、
慎重に設計しすぎることが多いとか、理解できないコードを追いながらタバコが吸いたくなるとか、自分の「遅さ」がここまで際立ったことはなかった。

即断即決は得意だけど、行動から成果まで最速で出すってのは得意じゃないようだ。
即断、即決、即行動、即成果ってのを意識していこうと思う。

今まで、成果を出せないのは、自分の行動のスピードの問題ではなく、仕組みそのもの問題だと思っていた。
環境を変えてわかったことは、仕組みの問題ではなく、自分自身が止まっている時間が長いということだ。

いつも、どこかで自分に言い訳してしまう。
自分を赦すのは大いに結構。自分を慰めるのも大いに結構。
精神衛生を保つために、それは絶対必要。

でも、自分の気持ちがフラットな場合ー無理にポジティブに入れたり、ネガティブに陥ってない場合ー、「やりたいこと」もしくは、それをやるために「やるべきこと」を取りは一瞬で取りに行きたくなる。

無駄なストレスもなくなった。
大丈夫、だんだん染まってきている。
やれる。もう一度。

話題のECアプリ

さてさて、すっかりと更新から間が開いてしまいました。GWいかがお過ごしでしょうか。
ここのところEC関連のアプリが盛り上がっていますので、その辺りを調べてみました。
ご参考になるかはわかりませんが、こんなのがあるよー。ってな感じで紹介させていtだければと思います。
今回は国産サービスだけご紹介。
海外のサービスはこの辺りでよくまとめてくれておりますので、ぜひ一読を。。 ポイントはソーシャルとデザイン。新しい時代のお手本とも呼べる4つのコマースサイト

Sumally (サマリー)

この私も結構な頻度で立ち上げるアプリになりました。
購入までは至っていませんが、街にでかけてウィンドウショッピングをしている感じになります。
欲しい物がしっかり決まっていて、探しに行くのではなく、なんだか立ち上げる回数を増やしていって、
その中で欲しいものがあれば購入するという感じの使い方になります。
別に買いたいものはないけど、でかける街のような感覚のアプリですね。
まだまだアプリから購入できるものが少ないので、今後に期待したいです。

Origami

 
KDDIの田中社長直々にプレゼンを行いファイナンスを行ったという噂のアプリ。KDDIとDACと調達した額がなんと破格の5億円。 この分野が如何に注目されている分野かがわかりますね。

使ってみてすぐにわかることですが、本当にかっこいいいデザインです。
こういうデザインがこれからのスマートフォンアプリのスタンダードになってほしいなぁと思います。

出店しているブランドも有名ハイブランドばかりで、すごいです。
これからが本当に楽しみなアプリですね。

まだまだ他にもおもしろいECサービスがでてくればおもしろそうですね。

SGLink開始のお知らせ

三日続けてニュースアプリを紹介させていただきましたが、なかなかニュースソースを一元化できてない私です。 そんな各所から情報を収集しまくって、僕が興味を持った記事を集めた場所がSGLinkです。 FacebookページとTwitterで運用して行きますので、どちらかお好きな方でチェックいただければ幸いです。

Facebookはこちら https://www.facebook.com/koheisglink

twitterはこちら
https://twitter.com/koheisglink

今後様子を見て他に展開する案や拡大縮小する案も考えたいと思います。

これを機会にFacebookページの色々も勉強できればと考えています。

まずはサービス?提供のお知らせとなります。

よろしくお願いいたします。


補足:昨日まではこんな感じで運用しておりました。
https://twitter.com/search/%23sgLinks