iPhoneはT型フォードになるか?

iPhoneの大躍進は続いていますね。僕の周りもほとんどiPhoneで、全員iPhoneになってしまうのでは?と思ってしまします。
僕も「そろそろスマートフォンに。。」という アーリーマジョリティな方には、すぐさまiPhoneをおすすめしています。

ただ、本当に全員がiPhoneを持つことはないでしょう。
僕がiPhoneを勧めるといくつかの答えが返ってきます。
・docomoだから、今のメールアドレスを使いたい。
・みんなと同じは嫌だ。

前者の回答に対しては、 docomoからiPhoneが出れば全てが解決します。
そしたらdocomoのiPhoneを心置きなく買ってください。
しかしながら、「みんなと同じは嫌だ」という人はきっとiPhoneを買わないでしょう。
ひょっとしたら、すでに違うスマートフォンを買っているかも知れません。

これはアップルにしては大問題です。
機能はピカイチ、デザインも問題なし、そして驚きの価格で。
成功のレシピが全て揃っていても、彼らはiPhoneを買わないのです。

かつて、同じ大問題に直面した企業があります。
有名すぎる話ですので、改めてここに書く必要もないかもしれませんが、20世紀初頭のフォードです。

フォードはT型フォードという世界初の本格的な量産車を作ります。
みんなが夢を見た移動手段を驚きの価格で販売したのです。
T型フォードは約20年の間大ヒット商品になります。

しかし、やがてT型フォードにも終わりが訪れます。
T型フォードは徹底的に効率化した生産方式で作られました。その間大きなモデルチェンジはなく、色は全て黒のみ。 (『黒塗りで_あれば_、</wbr>どんな色_のT型車_でもお求めになれます』というコピーは有名)
20年という長い年月が経ち、多くの消費者にとって魅力ある製品ではなくなってしまいました。
20年間経てば、ライバル企業も技術を蓄積し、同程度の価格で勝負をしてきます。

実際にiPhoneはこの局面に立たされているのではないでしょうか。
圧倒的な市場シェアは獲得しましたが、登場から5年が経ち、ライバルたちが同程度の商品を市場にガンガン投入してきています。

ここから、真のiPhoneの力の見せ所だと思います。

undefined

社会人3年目に突入しました。

どーも。社会人3年目に突入しました。
まだ辞めてないのに自分でもびっくりします。
1年目にプライベートで色々と挫折したので、今があるんだなぁと思います。

とはいえ、そろそろ自分のキャリアも考えていかなくちゃいけません。
母親には会社に務めて、定期的な収入があるうちに貯蓄しておけ、と言われました。

多かれ少なかれ、どこかで決断して独立するとは思うのですが、
今のwebサービスバブルに乗って起業というのはなさそうです。

あと2年くらいかなー、と思っています。

undefined

ドメインって大事

blogspotのドメインが.jpになったので、独自ドメインに以降します。
そして、おそらくそのタイミングで、自分で構築したCMSに載せます。

gmail.jpになったら、泣きますよね。
そろそろgmailもどこかへ移せるようにしておいた方がいいかもしれない。

ドメインが如何に大事なものか、ということを思い知りました。

<追記> まぁ、自作CMSというのもあれなので、jekyllなどで静的サイトジェネレータを採用したいと考えています。 bloggerはいろいろと独自ルールなので、辛いですね。

団塊世代とデジタルネイティブ世代 ーノマド論

昨日引っ越し作業をしながら、考えたことを書いておく。

■ノマドノマドって盛り上がっているよね。

最近、ノマドノマドって言葉が流行っていますよね。
中にはノマド論争なんてものまであったりして、ノマドっていう言葉いかに浸透しているかがわかります。

ここではノマドワーカーを、オフィスを持たずにカフェやらコワーキングスペースやら、場所を選ばずに仕事をする知識労働者のことと定義します。
別に個人事業主かサラリーマンかとかは、あんまりどうでもいいと思っています。
確かにノマド的な働き方をする人は、個人事業主の人が多いと思います。
それはその人の能力如何ではなくて、その働き方を雇い主が認めるかどうか、に依存するので。。

さて、そもそもノマドって言葉が使われるようになった背景として、通信インフラの発達が上げられます。
ノートPCは昔からあったし、イーモバのようなwifi機器も少し前からありましたが、
それらが爆発的に普及したのはちょうど2009年辺りで、ちょうどノマドという言葉が使われるようになった時期と一致します。

イーモバのwifiルータが出るまでは、外でPCから通信したい時は、みんなPHSや携帯でテザリングを行なっていました。
すげぇ通信速度も遅くて、その上高い代物でした。

それが、今は月々5000円くらいでwifiルータが持てて、速度もそれなりに快適に使えます。
はっきり言って、このインフラなくしてノマドって言葉生まれなかったんじゃないかな?と思います。

ノマドと呼ばれるような知識労働者の方々はエクセルやワードがなければ、仕事になりませんし、
快速でタイピングできるQWERTYキーボードが必須なはずです。
しかも、できるならば使い慣れたメーラやGmailが良いでしょう。

メールとofficeさえあれば、オフィスじゃなくても、仕事できるのに。。。
そう思ってた方には、月々5000円でどこでも仕事できる環境が手に入ったのです。

この人たちはリテラシーは高くて、得意とするのはgoogleやらdropboxなんかです。
新しいwebサービスにはすぐ対応できます。エクセルだって何のその、簡単なプログラミングもできる人が多いと思われます。

そういう人たちは効率を求めて、ノマドの世界に一気に飛び出したのでした。

そして、その後を追っているのが、今ノマドノマドという言葉に強烈に反応して、
ノマドを始めた人やノマドを始めようとしている人です。
月々5000円とお気に入りのノートPC、後は仕事を持ってくる人脈や能力があれば、オフィスにいなくても仕事ができる。

今、そう思って独立している人たちが増えていると思います。

■ノマドのシニア世代

これって何かに似ているのです。
団塊の世代が若者だったころ、おそらく日本がどんどん裕福になっていく最初の段階です。
学園闘争が華やか叱ったころでしょうね。ちょうど60年代です。

その頃、今のように急速に整備されつつあったインフラがあります。
それは都市です。

新幹線が開通したのは、それよりは少し前ですが、
そういった技術が一般化してきたのです。

wifi無線を少し前まで持ち歩いている人は、ほとんどいなかったですが、
最近は当たり前のように誰でも持っています。

都市というものが当たり前のように構築されていったのです。
我々の世代が当たり前のように携帯やPCを使いこなすように、
団塊の世代は自動車や新しい都市にどんどんと順応していきました。

そして、自動車さえあれば仕事に困らない人たちが出現します。
世は高度経済成長です。仕事はいくらでもあります。
特に、工業製品の成長は著しかったでしょう。
そして、現在の最新技術のように特別に細かく器用でなくても、
ちょっとしたメカ好きであれば仕事に困らなかったはずです。

今、ちょっとプログラムが書けたり、webサイトに人を呼び込めるだけで、
仕事に困らないのと似ているかも知れません。

都市というインフラの発達により、そういう力を手にして、
小さな第2次産業を営む人たちは団塊の世代に多かったように思います。

得意な車や工業技術を生かした仕事をしていたのです。
おそらく、それが今の日本のものづくりの土台になったと思います。

■イノベーションの普及曲線がキャズムを超えると起こるんだなー。

では、当時からメカ好きで工場で働いて、最後は商品の企画や設計までやった団塊の世代と、
メカ好きが興じて、自分の車で仕事をガンガンやっていた世代と、
どちらが安定した生活を送れたでしょうか。
どちらがエキサイティングな生活を送れたでしょうか。

イノベーションの普及曲線があるレベルを超えると、このようなことが起こるんですよね。
自分でもやれる!と飛び出したくなる自分と、実際に若い頃に飛び出した親父を重ねたりします。
引越しのために、久しぶりに車を運転していたら、
車を乗り回しながら、仕事場に毎日向かう親父を思い出し、ふとそんなことを考えました。

乱文失礼。

コンプレックスがモチベーションが悪いわけじゃないけど。。

はあちゅうさんの「コンプレックスこそがモチベーション」を見て、思いました。

この記事自体は、ほんの一週間前の自分であれば、心から同意できる記事です。
コンプレックスこそが、今までの自分を作ってくれた。
これがなくなっては、自分は何にも挑戦できない。

ほんの一週間前までは、そう思っていました。

でも、一週間前にちょっと思い直すことがありまして、この考え方はしんどい?
って気づきました。

そして、この理論に賛同する人がめちゃめちゃ多かったので、「そんな人生しんどすぎるかもよ?」ってことを拙い文章で伝えようと思った次第です。

※モチベーションの源泉がコンプレックスなのを否定する記事ではありません。

コンプレックスこそが、モチベーション

例えば、学歴に僕はコンプレックスを抱いています。
あまり勉強しなかったので、仕方ないのですが、どうしても高学歴の人たちに勉強以外で負けたくないって気持ちがあります。俺の方が優れているということを証明したいという気持ちがあります。

そのために、就活の頃からむちゃくちゃ頑張ってきました。
今も、東大や京大の人には負けたくありません。
(実際はよく負けてますwww)

この気持ちがなかったら、今の僕はなかったでしょう。

一週前までは、そう思ってました。
では、一週間前、自分の中でどんなタイムシフトが起こったのか。

でも、ぶっちゃけ大学名とか気にするのもめんどくさい。
しかも、いちいち大学名聞いた後に、こいつには。。。とか勝手に盛り上がる。。
そして、この人どこそこ大学やけど、大したことないな、とか。
そんな心理的な状態めんどくさすぎですww

コンプレックスを跳ね返すことで成功した”成功体験”への固執

僕は今まで、ずっと過去の自分に縛られて生きていました。

僕自身も”いじめられた経験”から少林寺拳法を初めて、今や四段の資格を持っています。全国大会でも入賞したことがあります。
こういったコンプレックスを克服した強烈な成功体験を持っていると、自分のコンプレックスに対して、「昔はあれを克服したから、今度も克服するぞ!」なんて形で成功体験に執着してしまいます。

仕事や勉強など、ある程度、成果が見えやすいことであれば、あまり問題になりにくいですが、プライベートの小さな問題や人間関係では特に注意が必要です。

そして、そういうプライベートの小さな問題や人間関係では、大体のことは本人が気づかないことが多いのです。そして、いつの間にかストレスになってしまう。

よくある例で言うと、、、
めっちゃ痩せている女の子が「私は太っている」って子いませんか??
コンプレックスの力は強いので、どんどん食べなくなってしまって体調を崩しちゃう、、なんてこともあると思います。

だから、コンプレックスがあった時、「よっしゃ!」と気張り過ぎるのはよくないと思います。
できれば、コンプレックスを手放して、ゆるりと成果を出せるようなやり方もあると知ってください。

■コンプレックスを手放す
この方法はとても難しいです。
コンプレックスのある自分を認めてあげることです。
大体のコンプレックスは、コンプレックスがあるのに、そういう自分を認めてあげられていません。

自分は学歴が悪い →でも、頭は悪くないもん!!
みたいな感じです。自分の学歴は学歴です。それ以上でも以下でもありません。
学歴と頭が悪い悪くないは、確率論的な相関関係はあったとしても、「=」ではありません。
そして、その事実自体は、変えられません。
(今から勉強して、東大に入ったりすることがなければ。)

■変えられないことに執着するほどストレスなことはない

変えられないことに執着するほど、ストレスを感じることはありません。
学歴コンプレックスを例にあげていますが、 過去の事実はほとんどすべてが変えられません。
過去にコンプレックスをいだいている場合は、まず過去を変えられないことを認識してください。
そして、変えられる未来の自分に着目してください。
そうすれば、百万通り以上の可能性が開けてきます。

まずは、過去のコンプレックスを見て、苦しんでください。
そして、それも自分なんだと認識してあげてください。
そして、これからの未来を自分の人生を生きてください。

以上、コンプレックスで雁字搦めになって、前に進めない人に捧ぐ。

※コンプレックスから成果を生むことを否定してるわけじゃないです!