『7つの習慣』のざっくりした内容について

能力開発や自己啓発の世界で有名な『7つの習慣』があります。 いまやどこの企業でもこの考え方に近しい考え方が取り入れられた研修を行われています。 本ブログではタスク管理の話を題材として扱っています。 タスク管理を話題にする上で避けては通れないことが、『7つの習慣』で触れられています。 今回は『7つの習慣』の概要を見て行きましょう。

ぶっちゃけ『7つの習慣』とか苦手なんです。。

僕自身は今はなき?ベンチャー・リンクという会社の研修型インターシップで、セミナーが最初の出会いでした。 当時は7つの習慣を冠したセミナーを日本国内で行っていたのがベンチャー・リンクでした。 講師は研修を受けた本物の講師ではなく、内定者が研修を兼ねて行っていました。

それ依頼、7つの習慣に触れたことは皆無です。 就活生で悩み人だったときには大いに参考になった気がしたのですが、 自分のやりたいことが見えてきた時期から、この手の自己啓発本は一切よまなくなってしまいました。

しかし、このブログでタスク管理についての題材をしっかりと扱っていくことに決めたので、 この間のGWの連休中に最近でた改訂版を読み直しました。

ざっくりした本の内容

世の中に偉大な成果を残した人の習慣を研究し、その最大公約数的なものが7つ習慣がありました。という話です。

成功者のタイプにも色々あるので、結構大枠であり方を説いています。
いろんなタイプいるけど、その中でもこれらは共通してるよ、と。

当たり前っていうと当たり前なのですが、本を読んでいくと深いところが書かれているので、自分も『そのレベルで主体的になれていないかもなぁ』なんて思い直したりします。

ちょっとでも、心のコンディションが悪かったり、斜に構えているところがあると、『は?そんなんで人生うまく行くか!ふざけんな!』と言いたくもなります。
なので、自分の心が素直に受け入れられる状態で読むべきでしょう。(特に僕のような性格の人は注意)

何を学べるか

本の内容は抽象的な事柄を多く扱っています。
例え話も多く冗長に思える記述が多いです。斜め読みでさくっと本の内容を理解するのが難しいです。

各エピソードをしっかりと熟読し、状況を把握して、人格者の行いのケースを追っていくことで、 自分と向き合うには様々な観点を提供してくれます。

タスク管理にも遠回りが大事

僕がもっとも興味のあるタスク管理や効率化の中で、遠回りをしなくてはいけない部分もあります。それは長期的な目標にアプローチのタスクを管理するときです。
7つの習慣でいうミッション・ステートメントなどの、人生の中で最も大切にすべきことを定める時間を取ることなどです。

こんなことは考えても出てこない時は出てきません。僕の経験から断言します。
しかしながら、1年から3年などのスパンで見つめなおすことで、短期的にも人生に集中することができるのです。

『7つの習慣』などの自己啓発書を読まいないまでも、日々の仕事を効率的にこなすためにも、自分の人生の目的を定期的に見なおしてみるとよいと思います。


  完訳 7つの習慣 人格主義の回復

各チームの4番の年齢まとめてみた

ベイスターズ強いですね。素晴らしい。

というわけで、各チームの4番を調べてみました。

【セ・リーグ】  
横浜 筒香(1991年11月26日 (23歳))  
読売 太田(1990年6月9日 (24歳))  
中日 ルナ(1980年2月1日 (35歳))  
ヤクルト 畠山(1982年9月13日 (32歳))  
広島 ロサリオ(1989年3月29日 (26歳))  
阪神 ゴメス(1984年9月7日 (30歳))  
【パ・リーグ】  
日ハム 中田(1989年4月22日 (26歳))  
西武 中村(1983年8月15日 (31歳))  
ソフトバンク 内川(1982年8月4日 (32歳))  
ロッテ デスバイネ(1986年6月17日 (28歳))  
楽天 松井稼(1975年10月23日 (39歳))  
オリックス T-岡田(1988年2月9日 (27歳))  

※ 4番が複数いるときは僕の好みで選んでます。

両リーグ断トツで、筒香が最年少ですね。
しかも、キャプテン。横浜は完全復活しそうですね。

読売に関しては坂本1988年12月14日 (26歳)よりは、大田の方が4番っぽいのでいいと思います。個人的には好きです。
こう見ると読売も若返りに成功しているのがわかりますね。
そしてしっかりと、ベテラン陣でバックアップできるように戦力補強。。
いやぁ憎いですね。笑

中日は同い年だし、平田(1988年3月23日 (27歳))が4番に定着して欲しいかなぁ。

ゴメスは意外と若かったの知りませんでした。
読売と違って若手の層がやはり薄いのでしょうかねぇ。
いやぁ、タイガースは最下位ですが、昨年後半のような巻き返しに期待したいです。


4番サード―青山剛昌短編集 (My First Big)

SEOを専門にしていないIT業界の方に読んでもらいたい 10年使えるSEOの基本

10年つかえるSEOの基本 を読みました。
僕のようなSEOを専門にしていないIT業界の方々に、是非読んで貰いたい本です。

長年、この業界に居ながらSEOに対して懐疑的な見方をしていました。
ただ、Retty在籍していたとき、現Kaumoの太田くんのSEOに対する考え方を聴き、僕のSEOに対する考え方が変わりました。
その後の太田くんの活躍は皆の業界の知るところです。

人とモノとのミスマッチをなくすーーSEOおたくが生んだ「カウモ」で変わるモノとの出会い - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
http://thebridge.jp/2015/02/kaumo

この本は平易な文章で、挿絵をふんだんに使っています。
副題にもあるように、「トレンドを追うよりも変らない考え方を抑えるためのテクニック」がしっかりと書いてあります。

ユーザに対して何を伝えるか、考え抜くことが大事だということを実感しました。


10年つかえるSEOの基本

git pullするとき設定しておきたいこと

$ git pull origin master

何気なくこのコマンドを使っている人も多いのではないでしょうか。 個人的にはこのコマンドは便利なので、使っていきたいと考えています。 ただ注意しておきたいのは、マージコミットができるかもしれないことです。

マージコミットができるとき

masterremote/origin/master にはないコミットがある場合です。

普通にしておけば、遭遇しないように思えます。

しかしながら、誤ってコミットを master にしてしまった場合や、 git pull origin master でmergeコミットが生じた場合には、

ローカルにしか存在しないコミットができてしまいます。

その場合、意図しないコミットがmasterに付きまわってしまうのです。

マージコミットを作らない方法

git pull origin master を行ったタイミングで、コミットメッセージが立ち上がる。 そんな経験はありませんか?そのときはマージコミットが余分にできてしまっています。

ローカルにあるブランチに余分にコミットができてしまっているのです。 そのコミット内容にもよりますが、それをpushしちゃうなんてことがあると危険ですよね。

$ git fetch && git rebase$ git pull --rebase #もしくは
$ git fetch && git merge --ff # merge派の場合$ git pull --ff origin master

上記でマージコミットができないようにする。 これらは、設定で回避することができます。

git config にこれらどちらかの設定を書いておきましょう。

git pull でマージコミットを作らないようにnoffのマージを禁止しちゃう

[pull] ff = only

git pull でマージコミットを作らないように rebase で取得する

[pull] rebase = true

特に注意したいブランチだけの場合は、masterとdevelopにしておきましょう。

[branch "master"] rebase = true

gitのブランチ操作について

ブランチを切る場合の手順について、初心者向けに説明していきます。 省略系のコマンドを書いている記事が多いので、あえて遠回りをする手順を書くようにしてます。

最新の状態を取得する

最新のリポジトリの状態が、masterな場合で話を進めていきます。 最新のコミットがdevelopeなど別の名前の場合は、masterをそれに読み替えてください。

まずは、masterブランチを指定しておきましょう。

$ git checkout master

このときに、ローカルのリポジトリがすでに遅れていて最新ではない可能性があります。 そして、git fetch でremoteのソースを取得します。

$ git fetch

こうすることで、リモートのリポジトリがローカルに取り込まれます。 ただ、masterは古いままなので、同期をかけたorigin/masterとコミットにmasterを更新しなければなりません。

$ git rebase origin/master

もしくは

$ git merge --ff origin/master

です。

$ git pull origin master

でも同じことが確かに可能です。 しかし、masterにcommitがあった場合などにマージコミットができてしまいます。 この差分を起こさないためにも、pullは最初のうちはおすすめしません。

masterに対するpullはffを必ずつけたり、rebaseで取得するようにしておけば問題ありません。尚、この設定についてはここでは触れません。 別途解説を書きました! (2015/05/02)

この方法はいろいろと設定が必要なので、git rebase origin/masterがお勧めです。

masterからブランチを作る

上記の状態できていることを確認できたら、masterから作成したブランチを取得しましょう。

$ git branch branch_name  # ブランチの作成$ git checkout branch_name # ブランチの指定

これらを一気にやりたい場合は、

$ git checkout -b branch_name  # ブランチを作成して、そのブランチに移動

で可能です。

git fetch した後に、 git checkout -b origin/master でも一気に操作が可能です。 しかし、gitの履歴がorigin/masterからブランチを切ったことになるので、IDEなどでmergeやdiffを見る場合に不都合が生じることがあるので注意が必要です。