今年を振り返る。(2011年)

2011年に衝撃だったことはいくつかある。
その中でもブログに書いておきたいことは以下。

■リブセンス上場

同世代の起業家がついに、上場を果たした。
これは僕にとってはとても刺激的なことだった。

彼はウェブサービスをしっかりと作って、それを育てた。
僕はそんな彼を心から尊敬する。

でも、悔しさがないわけではない。
あの時、あれをああしていれば、彼のようになれたかもしれない。
嫉妬というと、彼に失礼かもしれないけれども、そんな気持ちはある。

この気持を絶対に忘れたくないから、ここに書き留めておく。
しっかりとやるべき時に着実なことをやり続ける勇気が欲しい。

■スティーブ・ジョブズ死去

僕が就職した直後、技術的なことの勉強はもちろん必要とは思っていたものの、
エンジニアとしてのスピリットや拘りを持てずにいた。
でも技術を勉強するのであれば、「俺はエンジニアじゃないし」なんて姿勢は邪魔者でしかなかった。

それであれば技術者で経営者を目指すという答えを自分の中に見出した。
そして僕の興味はひたすらスティーブ・ジョブズに注がれた。
彼はエンジニアリングもデザインもわかるプロデューサーだ。

英語の勉強も兼ねながら、彼のスピーチをひたすらiPhoneで聞いた。

彼が死んだ頃、僕は1つの結論にたどり着く。
自分の声に耳を傾ける勇気を持つこと、それができたリブセンスの村上さんは上場までこぎつけたのだ、と。

■所属が変わりました

僕は会社というものは株主の利益を尊重するものだと考えています。
それが最もわかりやすい、会社の存在意義だからです。
もちろん、株主の利益はベネフィットとプロフィットに分けることができると考えていて、
株主の配当や株式価値のみを重視するような会社のあり方を容認しているわけではありません。

そういう中で、社員である僕が会社の都合で他の会社に行くであるとか、首になるというのは、
労働基準法の範囲であれば(場合によってはその範囲を超えても)、僕は納得がいきます。
これはいわゆる社畜な考え方なのかもしれませんが、僕はそんなことよりも、自分の市場価値と自分の人生のことを考えながら、
生きているので、常に会社を選ぶ権利は持っているつもりなので、
会社の決断に従うことが、必ずしも受動的ではありません。

今回は、会社都合で所属が変わることになりましたが、
僕は自分の市場価値や経験を積むためにいい環境が用意されたと思っています。
環境が用意されたというのは、とても整った環境があるというわけではなく、
自分でそれらの環境をつくるというのを含めた話です。

このような激動のIT業界の中、常に業界の最先端で、
自分の実力を上げていきたいものです。

今年、それを十分にできたかというと、心残りな部分もありますが、
そういうった気持ちを来年の最後には持たないような強い気持ちを持って、
仕事もプライベートも取り組んでいきたいと思います。

そして、最後に東日本大震災の犠牲された亡くなった方のご冥福と、
一日も早い復興と被災者の方の平穏を祈りまして、今年最後の記事といたします。

2011年12月31日 koheiSG

長期的な野望や重要なことはEvernoteに、瞬殺したいことはtoodledoに。

メールの署名欄にブログの所在を書いているため、『たまにブログ読みました』なんて言われるとドギマギします。
でも、嫌いじゃないんでブログ読んでみたって言ってくれるとちょっと嬉しいです。笑

ついに、独自ドメインも取得しましたので、いろいろと始めて行く予定です。
何事もこうやって少しのアクションで動きだすんだなと思います。

今やっていることはwebサーバの構築とDDNSサーバの設定です。
そんなにアクセス量もないだろうし、好きな分野だしネットワークからせめて言っています。
そして、デザイナーさんを探しています。
良い人が見つかりそうです。うふふ。

あっ、こんなことを書こうと思ったわけじゃなかった。
さて!Evernoteをtodoリストとして使っている人は結構いると思います。
正直、私はこれをお勧めしません。
Evernoteはあくまでノートなので、ちょっとしたメモや構想を練ったり、
情報を集約する場所として使用するのがいいと思います。

todoリストはできるだけ早く終わらせたいタスクを、ひたすら入れて消化していける管理ツールをお勧めします。
僕はtoodledoが肌に合っていますが、チェックリスト自動で生成してくれるものをおすすめします。

Evernoteはそういった細かいことには、向いていない気がします。
後で見返したときに結構ぐちゃぐちゃになっているし、tag付けやnotebookを分けるのも面倒だからです。

toodledoでタグ付やフォルダ分けを試みて、より長期的な展望なども入れようとしましたが、
あまり向きませんでした。

前回述べたようにtoodledoは基本的に緊急度が高いものを整理するのに向いています。
緊急度が低くて、重要度が高いものを入れてしまうと、一向に上位に上がって来ません。

そのため、そういった本来時間をかけてじっくり取り組むべきことはEvernoteに放り込んでおくのがいいでしょう。

evernoteじゃなくても、simplenoteでも手帳でもいいと思いますし、
toodledoじゃなくても、todoでもfasteverでもtwitterでもいいとは思いますが、、、

マネーボールみてきたよー

僕としては珍しい映画参戦。
映画見たくなる時って、大体facebookかtwitter経由で固定されつつ在るわけです。

スポーツの映画で好きなモノは本当に少なくて、何かしらどこかリアルにかけてしまうんですよね。
で、今回のマネーボールも半分以上は勉強の意味を込めて見たなっていうのが見終わってからの感想なわけです。

スポーツのスカウティングって結構、経営と似ているんだよね。
理論派と理念派の対決っていうかさ。

iモード事件なんて正にそういう構図で進んで最終的には、
理念派が勝利するわけなんですよね。

どっちが正解か?っていうのはかなり難しいところなんだけど、
ブラット・ピット演じるビリーは理論を持ち込んだ理念派だったわけです。

これは最強なのだよね。

いいサービスを提供したいという熱いパッション
それを実現できるスキル

要はこれなんだよな。

最後にここを確認できてよかった。

toodledo

あらゆるTODO管理で失敗してきた理由がわかりました。
無限に流れこむTASKの優先順位をつけるところをしくじるからです。

toodledoの一番の優れどころは、期限と重要度を設定しておけば、優先するタスクの順番に並べ換えてくれるところです。
タスク管理でよく言われる重要度、緊急度のマトリクスがあります。

こちらから引用いたしました。

基本的に仕事っていうのは、上記記の画像の第一象限にあたる

緊急かつ重要な仕事

しかありません。

その中で、いかに重要だが緊急でない仕事に対処する時間を作るかが重要なのです。

まず、緊急度と重要度を自分で判断する時間を、このtoodledoで省くことができます。

おそらく、タスクを洗い出す時間を月に1回もしくは週に1回持つべきなのでしょう。
しかし、それでは、現場でこくこくと変化するタスクに対応することはできません。
一つのタスクを終わらせて、いかに次のタスクに早く移るのかが重要なのです。

もちろんメモ書きや他のツールでも対応できますのが、優先順位を勝手につけてくれるので、
整理する手間が省けて、とてもお勧めです。

もちろん、iphoneアプリとweb上で連携できます。

iphoneアプリは公式が250円、todoという連携できるアプリが80円であります。
どっちも使ってみましたが、僕は公式のほうが日本語対応していることもあり使い安かったです。

おそらくtodoの方が高機能なので、そのうちtodoに移行している可能性もありますが。。。

iOS5にしてみて、文字入力のレスポンスが悪くなったけど。。。

前回のiCloud対策は今のところ杞憂に終わったのだが、とりあえず音楽環境の構築は模索していくことになりそう。
(そして、iTunesでまた音楽を買ってしまっている。楽なんだもん。)

iOS5に僕もアップデートしました。
まず、iPhoneとiTunesを完全にすべてのファイルを同期させて、iTunesをアップデートしました。
アプリがすべて消えてしまうというのをよく聞いたけれども、とりあえず全部同期させてしまえば、後は気長に待てばアプリが消えることはないんじゃないかな?
(ただし、フォルダ分けはばらばらになってしまう。。。糞仕様。)

あと、メモリの使用量が増えているからか、フリック入力時に文字入力の反映がワンテンポ送れる事象が発生しました。
1.設定から、テンキーでフリックのみを使用するを選択して、
2.電源ボタン+ホームボタン長押し
で、一旦解決してます。

かなりフリック入力の速度があがっているため、入力のレスポンスが遅れるのがストレスだなー
ガラケー時代、ソニー製しか使わなかったのも、慣れた文字入力のスピードが落ちることが一番いやだったな。