デザインができるエンジニアになりてー

ブログを書いているときは調子がいい時な気がするな。
調子悪くなるとブログ書かなくなる。
今日はちょっと気張って書いてみよう。

今、いろいろとアプリだとかサイトだとかを構築しようと一人もがいています。
PHP使おうとか、JSの勉強しようだとか、そういうのはいいんだけど、
最初のHMTLを書いてからが、なかなか進まない。

僕はHTMLは割とネイティブに書ける方だと思っているんだけれども、
自分の思うデザインが思い浮かばない。
ここを超えていかない限り、良いサイトにはならない。

そこで、いろんなデザインを見て影響を受けるようにしている。
佐藤可士和とか本当に素晴らしいデザインをしていることがわかるな。

特に知り合いから頼まれたホームページ()なんかをサクっと作れる人になりたいな。
もちろん、かっこ良くだよ。

photoshopの使い方もいまいちわかってないから、そういうのも問題なんだろうか。
今はフリーのseashoreってのを使ってるんだけれども、それの操作がわからないのか、
浮かんでいるデザインがないのかどちらかわかんないと言えばそうだな。

このブログのデザインをしてみろってことだな。
そうだな。

コンピュータはなぜ動くのか

めずらしく書評。
書評はなんか別のところに書いたほうがいいとかいう噂だけど。とりあえずアウトプット。

コンピュータはなぜ動くのか

とりあえず、題名どおりが知りたくて読みました。
前半は自分の知りたかったどおりのことが書いてありました。
ただプログラム書いてるけど、裏側ではこういう動作があるんだよー。的な。

ただ、中盤から後半にかけてはちょっと期待はずれの内容だった。
確かにプログラマとしては必須の内容なのだけれども、題名に惹かれた自分からすると、
『いやもっとハード的なこと書いて欲しかったなー』っていう印象でした。

ただ、確実に知っておくべき知識なので、僕にとっては必読の一冊でした。
ちょっと古いのが微妙かな。これからは.NETかJAVAですってあんまり説得力ないよね。うん。

選択と集中

IT業界変化早すぎ、着いていかれへん。

ってさっきTwitterで呟きました。
うん。その通り。

僕が購読しているRSSは数えられない数に達している。
技術的なことからエンジニアとしての心構え的ところ、業界としての最新情報、LifeHack。。
そして、社会人として当たり前に知って置かなければならないニュース。

如何に自分の情報処理能力に自信があっても、ちょっとこれはやり過ぎな気がした。
もう少し、取捨選択をしていかないとインプットだけでパンクしてしまう。

いや、もうパンクしているだろう。
google readerのどのタグも(1000+)と表示されている。
一番優先度を高く設定しているタグだけなんとか読めているかどうか。

その中で目に止まったものをMLに流したり、Twitterで呟いたりしているのだけれども、
そろそろ手に負えなくなってきている。

この断捨離が今の自分を成長させられる気がする。
選択と集中が大事だ。

世界を作る側に回る。

最近の自分の主張が極端に薄いのには理由があるだろう。
ある程度の根拠のある理論の上に語られた本を読んでいないからだ。

自分の感覚をただブログの上に走らせれば、自分の思いは語れるだろうが、価値がある文章は書けない。
もう少し、ずっしりと重たい文章が書きたいものだ。

さて、今日は PALETTというパーティに行ってきた。
パーティに行くのは実に久しぶりだ。
パーティは嫌いなわけではないけれども、パーティの優先順位が高くなることは非常に久しぶりだった。

今日は主催者側の人たちが非常におもしろい人たちだったので、参加した。
結果、参加者を圧倒できる企画を見せてくれた。
他の参加者の方々も満足だったのではないかな。

僕はリア充の勢いに圧倒されて、普段クラブに行っても座れないVIP席でひとりMBA叩いてたのは内緒です。

このパーティも企画側にいる方が絶対おもしろいなって思った。
アップルが新製品を発表する度に、思うことと同じ。

早く世界を作る側に回りたい。

SEOは終わったのか?

結論としては、SEOは終わらない。

しかし、もしすでにあなたが今のSEOの現状を見て、
”SEOは終わっている”と言うなら、SEOは終わっているだろう。

完全に検索エンジンに依存した技術は、googleの仕様を追い続けなければならない。
SEOとはgoogleの仕様が変わり続けるからこそ、成り得るビジネスだ。

おそらく、SEO業界は少しの間この状態が続くだろう。
そういう意味ではSEOはまだまだ終わらないと僕自身は考えている。
サイトへの流入を上げるには、多少SEOは必要になるはずだ。

ただし、乱立しすぎた会社は当然のように淘汰されていくだろう。
低単価をどれだけ多くさばけるか、そのロジックなり共通項のシステムなりを開発した会社が最後まで残る。おそらく、数社。

おそらく今業界の大手の会社ではなく、小さな会社がそこを取るんじゃないだろうか。
少し前のspeeeみたいに勢いのある会社が出てくるきがする。

googleに聞いて結果が自分と的はずれな物ばかりだったとき、
ユーザは、自分の欲している情報はないと感じる。

それでも、その検索結果が的外れかどうか見極めるためには、その検索結果の上位のリンクを叩かなければならない。
そういったニッチワードをどんどん取得していけば、いつかgoogleで上位になることはできるかもしれない。
しかし、ニッチワードで検索順位が高くてもユーザにとって的はずれな内容しか提供できていない場合は、
他の検索ワードが上位にくる。

要するに、検索ワードに対するコンテンツの質が長期的なSEOになるのは自明だということだ。
短期的にニッチワードの上位をとったところで、最終的なページビューは落ち込むのだ。

勝負をかけるなら、すぐに仕様が変わるSEOで勝負するのではなく、
一定の品質のサイトを長期間かけて作っていくほうが賢いに決まっている。

そこにSEOの原理が必要かといえば、今後のソーシャルリンクの加速を考えても、最低限で十分であろう。