考える技術・書く技術を読み直したら、文章の書き方が変わった話

SQCAについて書いた記事が結構読まれているようです。
この内容は「考える技術・書く技術」の中で書かれていますので、読みなおしてみました。

この本を読み直す前の自分の文章は端的に端的にを意識

自分の職業柄もあるかもしれませんが、とにかく短いセンテンスで客観的に文章を書くように心がけていました。

scaffoldを作る際に、いちいちカーソルを1字ごと動かすのがめんどくさい。
ブラウザであれば、フォームを移動することで簡単に修正が行える。
そこで、scaffoldコマンドをブラウザから生成するツールを作成する
というような味気ない文章です。

読みなおしてからは、状況や文脈を意識

今はもう少し付帯状況をつけた文章を書くことが多くなりました。

ruby on railsを扱うプログラマはよくscaffoldコマンドを使う。
scaffoldコマンドは自動でコードを生成する便利なツールだ。
しかし、コマンドのオプションは複雑であるため、オプションを間違うことが多い。
また、修正するのにカーソルをいちいち動かす必要がある。
補完や文字間毎を削除するキーバインドを使ってもこれらは手間である。
これらを解消するために、ブラウザ上で視覚的にscaffoldコマンドを生成できるツールを考えた。
これを使うことで、ピンポイントにタイポした項目だけ修正できるし、
一覧から使用可能なオプションを選択することができる。少し冗長な文章にすることで、読み手の想像を引き立てることができるのです。
こうすることで、情報量を増加させることができ、仕事が少しスムーズに進むように鳴った気がします。

新卒で入社してから、いや学生のころから「文章は短く端的に」と言われてきたので、
知らず知らずのうちに、文章を端的にするどころか、伝えるべき情報まで削ってしまっていたようです。

この本のスキルを読むのは時間がかかります。
そして、一度読んで身につくようなものではありません。

自分の考えをどのようにして、まとめるか?
それをどのようにして、伝えるか?

この2点を考えなおすいい機会になりました。

アルファブロガーやアルファツイッタラーも推奨

きちりんさんやmay_romaさんなどの方々もおすすめしているようですね。

[情報を料理するための必読書です。中学校くらいで国語の教科書に採用すべきです。]

レシピ 今日の料理は“ちきりんブログ” - Chikirinの日記
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100322](http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100322)

結論→説明の理論的思考、説明に関してはベタだがバーバラ・ミント女史の書籍薦めたく。英語圏多国籍企業研修でも良く使われている。 http://ow.ly/1Ehrl
— めいろま 新刊「添削!日本人英語」 (@May_Roma) 2010, 4月 28


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

Ruby on Railsのscaffoldを簡単にブラウザで作れるツールを作りました。

READMEとか全然充実してないし、まだまだ改善点もあるのですが、とりあえず公開しました。

http://koheisg.github.io/scaffold-generator/

名前の通り、scaffoldコマンドを生成してくれるツールです。

本当はjavascriptの最先端なツールを使ってみたかったのですが、jqueryとunderscoreで動いてます。

railsプロジェクトでgithubなどを利用する場合を想定しています。

webアプリを作るとき、大体は最初にモデルとルーティングの設計を行うと思います。

Railsはモデルの場合、DBの設計をした後、その設計でジェネレートをしてしまえば良いのですが。

rails初心者だとジェネレータのコマンドやrailsの型を覚えていなくて、わらわらすることがあると思います。

その時にこいつを使えばDB設計をするような感覚でブラウザから、プルダウンでポコポコできるかなと。

GithubやRedmineのissueに貼るとコマンドを実行する前にレビューもできますし、コマンド実行後でもpull requestの本文に貼るとレビュアーは嬉しいですよね。

今後やりたいこととしては、コマンドを書くとDB定義が生成されたり、railsの型だけでなくRDB側の型を見れるようにしたいなと思ってます。

あっ、その前にデータ長を指定できないのを最初にやろうと思っています。

何かご要望がありましたら、issueを切るかpull request頂ければと思います!!

ジェットウォッシャーまじ使える

パナソニックのジェットウォッシャーがマジ使えます。

Panasonic ジェットウォッシャー ドルツ 白 EW-DJ61-W

posted with カエレバ

パナソニック(Panasonic) 2014-09-01

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

価格.comで購入

デンタルフロスや糸ようじで磨いてた歯間はこいつで一気に取ってしまうのが良いでしょう。 同じシリーズがいくつかあって、省スペースの充電式タイプだと、水が入る量が少ないため十分に歯を掃除する時間がありません。
なので、タンクの付いてるタイプをお勧めします。 

あと、クリニカの歯ブラシがベッドが小さくて磨きやすい。

クリニカ アドバンテージハブラシ 超コンパク ト ふつう 1本

posted with カエレバ

ライオン

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

価格.comで購入

個人差もあると思いますが、僕の歯はこいつなら一本ずつ丁寧に磨くことができます。 

あとざっくりと磨くような歯ブラシがあればいいんだけどなぁ。。電動かなぁ。

Omnifocus使ってみたら、結構GTDが続いた話

タスク管理ツールはなかなかめんどくさくて、なんだかんだ自分の記憶に辿ってやるのですが、なかなかこれいけてきたので、一旦ブログに書こうと思います。

とりあえず、ひたすらタスクをinboxに詰め込みます。

そして、2分以内にやれることは実行します。

やれないことはいつやるかを決めます。

やるかどうかわからないやつは、いつかやるタスクリストに移動させます。

やるけど、日付が決めれないタスクは次にやるリストに移動させます。

いつやるか決められたものは、締め切りといつから開始するかを入れます。

そうすると、延期された時間になるとまたそのタスクがinboxに現れます。

基本形はこらでオケです。

いつかやるリストは月1で、次にやるリストは週1でレビューして、優先度を調整します。

優先度高いやつは、次にやるリストへ移動。

低いやつは、いつかやるに移動。

やっぱりやらないやつは、削除。

日付が決まったものはinboxに移動。

inboxは常に実行可能なもののみを表示させるようにしてます。

使っているのはmacのアプリとiphoneアプリ両方

OmniFocus 2 for iPhone - The Omni Group

OmniFocus 2 - The Omni Group

gamilとinboxを使い分けてみた。

google社内でも一悶着あったらしいinboxのリリース。

GoogleがGmailとInboxを分けた理由 - TechCrunch http://m.jp.techcrunch.com/2014/11/17/20141116why-did-google-decide-to-split-inbox-from-gmail/

招待コードを友達からもらって、iPhoneからは使ってみてます。

inboxはメール受信してさくっと返信する分には非常に使いやすい。

そして読んだメールはさくっとアーカイブしてしまえるので、タスク管理ツール的にも使えちゃう。

これでgmailアプリは削除してしまいました。

そして、本当はinboxだけにしてしまいたいのだけど、デフォルトのメールアプリも使ってる。

これはgmail連携は外した。送信専用でiCloudのアカウントを入れてみた。

このアカウントは誰にも教えてないので、長めのメモなんかをgmailにメールするときなんかに使ってる。

さすがはデフォルトでやっぱり文字入力がしやすいから。。

基本的にはinboxで十分だね。

Inbox by Gmail - the inbox that works for you - Google, Inc. 招待コードが必要な場合は、twitterかFacebookでコンタクトください。