大きな進歩

先般の地震及び津波に犠牲になられた方々の冥福を祈るとともに、まだ瓦礫の下で救助を待ってる人が一人でも多く助かりますようお祈り申し上げます。
そして、ここに私は新しい決意を持って、与えられた命を全うすることを約束いたします。

今回の地震のことを自分なりに振り返る余裕がでてきたのだなと、ふと思ったので文章にしてみたくなった。
地震直後から、『自分は何ができるだろう?』と言っている人たちを見て、違和感があってしょうがなかった。
その違和感の謎がようやく解けたのが、今日だった。

先週1週間は、仕事も早く切り上げて帰ってきていたし、常にテレビや何かを見て情報を得ていないと落ち着かなかった。
原発もあるし、停電もあるし、余震もあるし、ひょっとしたら勢いにのって東海地震が来るかも知れない。
そんな張り詰めた感じが自分の中にあった。

要は、東北の被害が大きな人たちのことよりも明日自分が生きているかの方が、本能的に不安だったのだろう。

ようやく本当の普段どおりの生活に戻り、私も何か東北の人たちの応援できる体制が整いました。
といってもできることは、募金やら毎日の仕事をがんばることくらいなのですが、
まずは心で応援することから始めたいと思います。

昔みたいに大きな事故や災害の後に、欝っぽくなることはなくなりましたね。
大きな進歩だ。