git statusで確認できること

gitを使う上でもっとよく使うコマンドは git status です。 git status はファイルの状態を確認するコマンドです。 ファイルの状態とは、コミットされているのか、されていないかなどの状態のことです。

git ではファイルの状態がいくつかあるので、見て行きましょう。

index file

gitのリポジトリにコミットが完了しているファイルです。

staged file

ファイルがgitのリポジトリにコミットする準備が整っているファイルです。 このまま git commit を行うとリポジトリに登録が行われ、indexファイルになります。

git reset を使用すると 新規追加されたファイルは、untracked fileになります。 変更されたファイルは、変更前になります。

またコンフリクトしたファイルは、この状態同じになります。

untracked file

ファイルがgitで登録されていないファイルです。

git addすることで、staged fileにするになります。

git cleanすることで、ファイル自体を削除することができます。

git status -s -bのすすめ

僕はgit statusは常に git status -s -b を使用します。

-b はブランチを表示、 -s はショートタイプで表示されます。

( -b はgit 1.7.2以降で使用可能です)

$ git status -s -b
## master
M  a
A  b
?? c

このように、ファイルの確認を感覚的に確認することができます。