hubコマンドを窓から捨てて、ghへ移行した話

GitHub が新たに開発した GitHub用のCLIツールがめっさ便利なので、勢いあまって記事を書いたのですが、塩漬けにしていたので、とりあえず公開。
もう速報性はなくなってしまったけれど、便利に使っています。便利。

cli/cli: GitHub’s official command line tool
これね。

hubコマンドクッソ便利(でした)

$ git push origin feature-bransh

したあとは、そのまま

$ hub pull-request -o

とするのが手癖として根付いています。

hubコマンドに対する不満

手癖になってはいるのけれど、解決できていない問題がありました。
それはPull Requestをdraftで生成できないことです。

ですので、DraftのPull Requestを作りたい場合は $ hub browse を使ってブランチを表示。その後、ブラウザ上でPull Requestを作成していました。

$ gh pr create -w という革命

$ gh pr create -w

これを使えば今までやりたかったPull Requestの作成が簡単になるだけではなく、全てをdraftで作ってから細かい点をブラウザ上で修正するというワークフローがやりやすくなりました。

見た目を伴う修正の場合は、スクリーンショットをPull Requestのdescriptionの項目に貼ったりしますので、この辺りも便利です。

$ gh pr create -df を使えば完全に作業途中のpull requestを一時保存するのにも使えます。

gh コマンド便利

hubコマンドは手癖になってしまっているので、とりあえず今から $ brew uninstall hub を実行します!!!